地域の強み
自動車業界
お客様の立場に立って行動出来る整備士を求めています。
今まで自動車業界が探し求めていた自動車整備士像は、経験が豊富で技術力が高い人でした。しかし、今はお客様にしっかりと説明ができる人が主流です。加えて、お客様一人ひとりとコミュニケーションがとれることも必要です。整備した本人から説明を受けることで、お客様は、より深い安心感と信頼感をお持ちになるからです。
この人に車を任せられるかどうかを見ています。
自動車業界の採用担当者は学生の、やる気や元気の良さを見ているのはもちろんのこと、実は『自分はこの人に車を預けたいと思うかどうか』を見ています。サービス業としての基本である対応マナーや、円滑なコミュニケーション能力が備わっていることもポイントです。
保育業界
こどもの最善の利益を考え、保護者へのきめ細やかな子育て支援ができる保育士を求めています。
核家族や共働きが増えるなど、保育所やこども園にこどもを預ける家族は多くなっています。そのような環境において、保育業界が求めているのは、保護者の方の気持ちを受け止め、専門性を生かして、保護者の方に子育てが楽しいと思ってもらえるような子育て支援ができる保育士です。また、こども一人ひとりの目線に立ち、臨機応変に最善の対応をすることも必要です。
現場で即戦力になるかを採用担当者は見ています。
待機児童を解消するために、保育の現場は定員いっぱいの状況です。そのため、保育士の確保に向け、即戦力になる人材が求められています。採用試験では、どのような保育士を目指すか、どのような保育を行っていきたいのか明確にPRしましょう。そして、保護者の方がこどもを安心して預けられる保育士に成長していくやる気や可能性があるかなどが採用試験で重視されます。
福祉業界
こころに寄り添える介護福祉士を求めています。
介護福祉士は、超高齢社会の日本において、必要不可欠な生活支援を行う、今後の成長が最も期待される職種です。利用者一人ひとりに寄り添った介護を実践するとともに、専門的な知識・技術を生かし、その人らしい人生を送れるよう支援することが大切です。利用者の立場に立ったQOL(生活の質)の向上に努めることが求められます。
安心して介護を委ねられる人材かどうかを現場は見ています。
介護施設で働く介護福祉士は、不足しているのが現状です。介護現場の職員は、広い視野を持ち全体を見ながら介護ができるかどうか、即戦力になる人材かどうかを見ています。また、家族や利用者様、他の職種の人とも連携をとり円滑なコミュニケーションを図ることで、信頼関係を築ける、安心して介護を任せられる人を求めています。